老け顔・老けボディから脱却したい!
悩める大人女子のための情報サイト

クレンジングが老け顔の原因に!?老け顔改善のための正しいクレンジング方法とは
2016.10.17

年齢を聞かれるのちょっと待ってる自分がいたりして(ハリ)(潤い)(透明感)光フェイシャル体験1回1,000円 体験はこちら→
食事制限が効いたのは20代まで!太もも・ヒップ 30代からの減量セレブレディコース 体験1回1000円

クレンジングで老け顔が加速!?

毎日の悪習慣が老け顔を招く?
クレンジングは、メイクをする女性なら毎日行うものですよね。毎日行うからこそ、間違った方法でクレンジングをしていると、日々の蓄積で起こる肌へのダメージは計り知れないものになってしまいます。

気づけば、肌がくすんだり、色素沈着ができていたりと、いつの間にか老け顔になっていたということがあるかもしれません。正しいクレンジング方法を学んで、老け顔を防ぎましょう。

クレンジング、どこから始めるのが正解?

老け顔を悪化させない!クレンジングの注意点

落としきれないメイクが老け顔印象を作るくすみに?
クレンジングは、メイクを落とすためにするものです。メイクはものにもよりますが、油性の原料が使われているため普通の洗顔料では落ちません。

なので、メイクをしている時は、洗顔の際に必ずクレンジングを行ってください。肌にメイクの成分が残っていると、老け顔感を作るくすみの原因になります。

こすりすぎクレンジングが老け顔代表のシミを作る?
クレンジングの際に過度に肌をこすりすぎてはいませんか?メイクをしっかり落とそうとこすりすぎると、強い摩擦によって色素沈着を起こしたり、肝斑を濃くしたりすることがあります。

また、クレンジング剤の量が少なくても摩擦が起こって老け顔の原因となってしまいます。力を入れずに落とせるくらいの、十分な量のクレンジング剤を使っているかも気をつけましょう。

老け顔にならないための正しいクレンジングとは

クレンジング剤にはいくつかの種類があります。

[洗浄力:強]
オイルタイプ
クリームタイプ
ジェルタイプ
ミルクタイプ
[洗浄力:弱]

どのクレンジング剤を選ぶかは、メイクの濃さによります。自分の普段のメイクがどのくらいの濃さかに合わせて選びましょう。

毎日使うものとしては洗浄力が中間の、クリームやジェルのものがいいでしょう。メイクがあまり濃くない人なら、洗浄力の優しいもので十分です。強すぎる洗浄力は肌荒れを招き、老け顔の原因になりかねません。

拭き取りタイプは摩擦が老け顔を招くかも?
最近は拭き取りタイプのクレンジングもありますが、洗浄力が強いですし、拭き取るという行為はどうしても摩擦が起こるので、常用するのは避けた方がいいでしょう。使う時は、目元などのポイントメイクの濃い部分だけにしましょう。

老け顔予防の正しい洗顔法とは?
洗い方は、十分な量のクレンジング剤を使い、
Tゾーン→頬→目元・口元
の順で、指の腹で優しく円を描くようになじませましょう。

皮膚が薄く敏感な箇所を最後に行うようにして、クレンジング時間が長くなり過ぎないようにします。下まぶたや、小鼻、唇の縁は洗い残しやすいところですので、忘れずにしっかり洗いましょう。

ぬるま湯洗顔が老け顔予防に
最後に人肌程度のぬるま湯で流します。熱いお湯で流すと、必要なうるおいまでもが流れてしまい、老け顔原因の代表である乾燥を招いてしまいます。

また、クレンジング剤が長く肌に触れていると肌への刺激になるので、洗い始めから流すまでだいたい1分程度には収めるようにしましょう。

毎日の積み重ねが、老け顔を作るか若見え顔を作るかの分かれ道。毎日の習慣であるクレンジングで一歩差をつけて、老け顔の進行を食い止めましょう!

スキンケアなど与える方を意識するだけじゃなくて、落とす方にも老け顔要因が潜んでいることを忘れないで!

執筆:皮膚科医 梅田さやか
肌クリニック 表参道皮膚科院長。美しい肌を保つためのヒントを、皮膚科医の専門知識をもってご紹介いたします。
食事制限が効いたのは20代まで!太もも・ヒップ 30代からの減量セレブレディコース 体験1回1000円
※当サイトに掲載する情報やコンテンツにつきましては細心の注意を払って掲載しておりますが、情報の正確性・最新性、また有用性などについて保証をするものではありません。予めご了承ください。
トップへ戻る
このページのトップへ戻る

気になる老け顔を撃退!老け顔対策 小顔ハリ美肌コース体験1回3000円(税込)気になる老け顔を撃退!老け顔対策 小顔ハリ美肌コース体験1回3000円(税込)