老け顔・老けボディから脱却したい!
悩める大人女子のための情報サイト

一気に老け顔に…!?目の下のシワ改善に大切なこととは?
2017.04.04  更新:17.05.15

年齢を聞かれるのちょっと待ってる自分がいたりして(ハリ)(潤い)(透明感)光フェイシャル体験1回1,000円 体験はこちら→
食事制限が効いたのは20代まで!太もも・ヒップ 30代からの減量セレブレディコース 体験1回1000円

老化のはじまり?目の下のシワ・たるみ・くすみ

知られていないことも多いのですが、皮膚の厚さは大人>子供、男>女の順で異なります。そして体の部位によっても皮膚の厚さは違い、手のひら・足の裏の皮膚が一番厚く、目元の皮膚が一番薄いと言われます。

そのため、皮膚が薄い目の下はとてもデリケートで湿疹などのトラブルが起きやすく、そして何よりシワやたるみ、くすみなど皮膚の老化が最も出やすい場所と言えます。

目の下のシワやたるみ、くすみなどに気が付いたら、アンチエイジングを気にするいいタイミングかもしれません。早めにケアを考えましょう。

目の下のシワは改善できるの?

目の下のシワの原因とは?

いつの間にか目の下や目元に小ジワができていた…ということはよくある話ですよね。

目の下のシワや目元の小ジワの主な原因として挙げられることは乾燥です。目周りは皮脂腺が少ないため乾燥しやすく、さらに皮膚が薄いうえにまばたきをしてよく動かしているため、シワになりやすい部分です。

もう一つ、皮膚の弾力をつくるコラーゲンやエラスチンの低下も、目の下のシワを作る大きな原因と言えます。これは加齢によるところが大きいのですが、紫外線や喫煙、ストレス、睡眠不足なども関係していると言われます。

特に紫外線は肌を乾燥させ、光老化といって紫外線が皮膚の深部に入りこむことで、コラーゲンやエラスチンを変性・低下させ、目の下のシワができやすくなってしまいます。

物理的な刺激もシワの原因に!
また目をこすったり、メイクをするときやアイクリームを塗るときに引っ張ったりするのも、目の下の薄い皮膚に負担をかけ、目の下のシワができやすくなる原因になることがあります。
ケアが裏目に出ないよう、目周りに触れる際は気をつけましょう。

目の下のシワを目立ちにくくするには?

皮膚が薄い分、目の下のシワは浅いうちであれば治療効果が出やすいという利点があります。

目の下の乾燥対策での留意点
目の下のシワの治療を始める際は、まず乾燥対策が必須です。
小ジワの原因は乾燥によることが多いので、保湿ケアをするだけでも回復することがあります。美容液、化粧水、乳液やクリームで水分と油分をシワができてしまった肌にしっかり与えてあげましょう。

特に目周りは塗り残しやすいところでもあるので、丁寧に塗るようにしましょう。
化粧品を塗るときは、伸ばしたり引っ張ったりすると新たな目の下のシワの原因になってしまうので、優しく置くようにしてください。また皮膚の弾力の低下には、コラーゲンやエラスチンの量を増やす基礎化粧品や専門機関での施術が最適。目の下のシワ改善に効果的ですよ。

紫外線対策は一年中怠らない!
また、目の下のシワ対策のために一年を通して心がけたいのが紫外線対策です。
日焼け止めはもちろんのこと、サングラスをすると目周りがしっかり防御できるのでおすすめです。日焼け止めは塗り残しがないように、シワが気になる目の下にもしっかりとつけましょう。

喫煙や睡眠不足、食事の偏りなど生活習慣を見直すのも、肌の老化や目の下のシワ予防には重要でしょう。

目の下のシワは、日常のケアで「いつの間にシワ…?」にサヨウナラ!

執筆:皮膚科医 梅田さやか
肌クリニック 表参道皮膚科院長。美しい肌を保つためのヒントを、皮膚科医の専門知識をもってご紹介いたします。
食事制限が効いたのは20代まで!太もも・ヒップ 30代からの減量セレブレディコース 体験1回1000円
※当サイトに掲載する情報やコンテンツにつきましては細心の注意を払って掲載しておりますが、情報の正確性・最新性、また有用性などについて保証をするものではありません。予めご了承ください。
トップへ戻る
このページのトップへ戻る

気になる老け顔を撃退!老け顔対策 小顔ハリ美肌コース体験1回3000円(税込)気になる老け顔を撃退!老け顔対策 小顔ハリ美肌コース体験1回3000円(税込)