老け顔・老けボディから脱却したい!
悩める大人女子のための情報サイト

若く見える人はここが違う!老けない人が気をつけている習慣とは
2016.11.17

年齢を聞かれるのちょっと待ってる自分がいたりして(ハリ)(潤い)(透明感)光フェイシャル体験1回1,000円 体験はこちら→
食事制限が効いたのは20代まで!太もも・ヒップ 30代からの減量セレブレディコース 体験1回1000円

若々しさは「習慣」で決まるってホント?

なんであの人は老けないの?
肌もいきいき輝いて、全身から若々しい印象が漂う人と、何もしていないというわけではないのに、どこか老け顔に見えてしまう人。実年齢は同じでも、見た目年齢に大きな差が生まれるのは、なぜなのでしょうか?

この謎をさらに深めるのが、若々しい美女が決まって言う「特別なことは何もしていないのよ~」という言葉!「そんなワケないじゃないっ!」とココロの中でツッコんだ経験、ありませんか?

でももしかすると、そういう人が「特別なこと」と思わずに、無意識に続けている「習慣」の中に、老け顔とは無縁の若々しさをキープするカギが隠れているのかも?

いつまでも若々しく、美しくいるためには何をすればいいのか、考えてみましょう!

「何も特別なことはしてないよ〜」…って本当!?

若々しく見せる5つのポイントを押さえる!

まず、「全身から漂う若々しい印象」は、どのようにして作られるのか、若々しさを決める要素をチェックしてみましょう。

老け顔と若見え顔の分かれ道、肌
年齢が現れやすく、女性からのチェックの目も厳しいのが「肌」。シミやシワ、たるみ、くすみなどの年齢サインが目立たず、ハリ、つや、うるおいに満ちたヘルシーな肌は、老け顔とは真逆の、若々しさの象徴ですよね!

髪のせいで老け顔に見える?
顔をとりまく額縁となる「髪」も、視線が集まる重要パーツ。パサパサで手入れされていなかったり、ボリュームがなくなっていると老け顔に見えてしまいます。

逆に美しい色・つやの髪をキープしつつ、自分に似合うヘアスタイルをしている人は、若々しく素敵に見えますよね。

美しく若々しい髪を保つには、毎日の丁寧なブラッシングがおすすめです。クシではなく、ブラッシング用の質のいいブラシで、乾いた髪をブラッシングしましょう。

朝起きたときと夜寝る前にブラッシングをすることで、髪の汚れを落としたり、若々しく健康的な髪を維持することができますよ。

オバサン体型も老け顔に見せる要因?
もちろん「スタイル」も重要。私たちの身体は、年齢と共に代謝が落ちていくため、ムダな脂肪がつきやすくなるもの。女性らしい曲線を描きつつ、引き締まったボディラインは、老け顔とそうでない人に差がつくポイントです。

筋トレやダイエットで老けて見えない体型をつくりたいところですが、根気と忍耐が必要ですよね。今すぐスタイルを何とかしたい!という人には、補正下着という手も。老けて見えるたるんだお腹やお尻を、瞬時にキュッと引き上げてくれます。

そのセンスが老け顔を助長…?
「メイク」や「ファッション」は、時代のトレンドが如実に現れるところ。自分が若い頃のまま止まっていると、時代を感じさせて老け顔に見えてしまうかも…。

今の自分、今の時代にフィットしたスタイルにこまめにアップデートしている人は、年齢を感じさせませんよね!無理に若い子に合わせるのではなく、同年代で素敵に見える女性を参考にすると、自然体で若々しく見えます。

今すぐ始めたい!若々しさをキープする習慣とは?

若々しい肌をキープするためには、外からと内から両方の習慣が大切!

外からの習慣としては、老け顔を進行させる2大要素である「紫外線」と「乾燥」を防ぐこと。紫外線対策と保湿ケアを欠かさず毎日、どんなに面倒な日でも続けるようにしましょう。

内から老け顔に負けない身体を作る
内からの習慣としては、肌はもちろん身体をつくるモトとなる食事を大切に。タンパク質、各種ビタミンをはじめ、必要な栄養素をバランスよく摂りましょう。

今話題の糖化にも注目を。糖化とは、余分な糖質により細胞などが劣化する現象で、黄ばみやくすみ、シミ、シワが進行するなど老け顔に直結してしまいます。糖質を摂りすぎない、低GI値の食品を選ぶなどの対策を心がけましょう。

低GI食品とは?
低GI食品とは、食後の血糖値の上昇スピードが比較的緩やかな食品のことを指します。炭水化物の中で比較すると、精製された白い食べ物よりも、素材本来の形に近いものの方が、GI値が低いそう。

白米より玄米、普通の小麦粉より全粒粉で作られたパンやパスタ、うどんよりそばの方がGI値が低いので、選ぶときは参考にしてみてくださいね。

髪で老け顔に見えないためには?
若々しい髪のためには、日々のヘアケアももちろん大切ですが、専門家である美容師さんを頼るのも手。美容院に定期的に通って、カットやカラーだけでなく、トリートメントなどのケアも相談を。新しいヘアスタイルを提案してもらうのも、時代遅れの老け髪を防ぐために効果的です。

疲れた老け顔を防ぐためには運動も
スタイルをキープするために習慣にしたいのは、やはり運動。激しいものでなくてよく、続けることが大切です。適度な筋肉は、引き締めと代謝アップが期待でき、スタイルキープに一石二鳥ですよ!

老け顔改善のためには、常に美しいものや時代のトレンドに目を向ける習慣も大切です。美意識や好奇心を忘れずに、新しいメイクやファッションにどんどんチャレンジしていきましょう。

いつでも今の自分を大切に、楽しみながら手をかけてあげることが、老け顔にならない習慣のカギといえそう。日々をハッピーに過ごしながら、若々しい美しさをキープしましょう!

毎日の積み重ねが、10年後の老け顔になって現れるか、若々しい顔につながるか。全てはあなたの努力次第よ!

執筆:美容ライター 柏木 亜衣
美容雑誌、女性誌、ウェブサイトなどの美容特集や、化粧品メーカーの広告やカタログの企画など、美容に関する情報を幅広く発信しています。
食事制限が効いたのは20代まで!太もも・ヒップ 30代からの減量セレブレディコース 体験1回1000円
※当サイトに掲載する情報やコンテンツにつきましては細心の注意を払って掲載しておりますが、情報の正確性・最新性、また有用性などについて保証をするものではありません。予めご了承ください。
トップへ戻る
このページのトップへ戻る

気になる老け顔を撃退!老け顔対策 小顔ハリ美肌コース体験1回3000円(税込)気になる老け顔を撃退!老け顔対策 小顔ハリ美肌コース体験1回3000円(税込)