老け顔・老けボディから脱却したい!
悩める大人女子のための情報サイト

老け顔をつくるのはやっぱり目!?目元から老け顔を改善!
2016.03.29

年齢を聞かれるのちょっと待ってる自分がいたりして(ハリ)(潤い)(透明感)光フェイシャル体験1回1,000円 体験はこちら→
食事制限が効いたのは20代まで!太もも・ヒップ 30代からの減量セレブレディコース 体験1回1000円

目元の老化が、老け顔を作る原因に!

私たちは、人に会うとさまざまな要素を数秒でチェックして、印象を判断しているのだそう。人の感情が現れやすい目元は、顔の中でも一番先に目につくところ。年齢印象を判断する上でも、目元はとても重要なパーツと言えそうです。

■老け顔は目元から?
目元の皮膚は薄く敏感で、また皮脂腺が少なく乾燥しやすいため、年齢が出やすい部位です。寝ている間以外はまばたきをして常に動かしているので、毎日の負担もかなりのもの。さらに、生活習慣の乱れや間違ったスキンケアが加わると、目元の老化は一気に加速してしまうかもしれません!

目元の年齢感は、“老け顔”印象の大きな原因に。たるみやシワなどの年齢サインが深刻化する前に、対策を急ぎましょう!

あの頃のキラキラした目元をもう一度…

老け顔を作る目元のたるみ・シワ・クマにご注意を!

年齢の出やすい目元には、老化に伴ってさまざまなトラブルが現れます。

■老け顔を助長する目元のたるみ
真皮層のコラーゲンやエラスチンの減少、筋肉の衰え、脂肪の下垂など、皮膚の各組織の老化によってできてしまうのがたるみ。上まぶたがたるむと、目が小さく見えたり、眠そうに見えて老け顔の要因に。また、目の下がたるむと、影ができて、顔全体がどんより暗い印象になってしまいます。

■シワシワ目元が老け顔印象を加速
老化に加えて、乾燥することでできやすくなるのが小ジワ。目の下や目尻にちりめん状にできるシワは、肌が砂漠化しているサインかも!小ジワを放っておくと、深く大きなシワに発展してしまうこともあるので、老け顔予防のためにも早めのケアが大切です。

■どんよりクマで老け顔印象に
また、目の下のクマも、“老け顔”印象を作る大きな原因のひとつ!クマにはいくつか種類があり、たるみにより影ができて黒っぽく見えるもの、シミやくすみにより茶色っぽく見えるもの、血流が滞って青っぽく見えるものなどが一般的。どれも、キレイの大敵です!

目元の老化対策で、“老け顔”にサヨナラ!

目元のトラブルはいろいろありますが、対策の基本となるのが、保湿ケアと十分な睡眠、そして目を酷使しすぎないこと。

■毎日のケアでしっとり目元に
目元の皮膚は乾燥しやすいため、老け顔予防のためにも毎日のお手入れはマスト!メイクを落とすときは、目元専用のクレンジング剤を使い、ゴシゴシこすらないよう気をつけて。化粧水の後は美容液や乳液を使い、水分の蒸発を防ぎましょう。

■目を休ませて、老け顔対策
睡眠不足が続いたり、目に疲れが溜まったりすると、シワやクマの原因になります。老け顔予防のためにもできる限り睡眠はしっかり取り、日中酷使した目を休ませてあげて。スマートフォンやPCの使いすぎにもご注意を。長時間見続けるのは目の負担になるので、1時間おきに休憩をはさみ、黒目を上下左右に動かしたり、遠くを見たりしてリラックスするのがおすすめです。

また、目がショボショボするときは、血行不良のサインかも。蒸しタオルや目元用の温熱マスクで温めると、血行がよくなりスッキリしますよ。

年齢が出やすい目元は、毎日の対策が大切。ぱっちり輝く瞳で、老け顔とは無縁の若々しいキレイをキープしましょう!

ぱっちりキラキラした目元は若い子だけの特権じゃないわ!疲れたどんより目元を撃退して老け顔にサヨナラするのよ!

執筆:美容ライター 柏木 亜衣
美容雑誌、女性誌、ウェブサイトなどの美容特集や、化粧品メーカーの広告やカタログの企画など、美容に関する情報を幅広く発信しています。
食事制限が効いたのは20代まで!太もも・ヒップ 30代からの減量セレブレディコース 体験1回1000円
※当サイトに掲載する情報やコンテンツにつきましては細心の注意を払って掲載しておりますが、情報の正確性・最新性、また有用性などについて保証をするものではありません。予めご了承ください。
トップへ戻る
このページのトップへ戻る

気になる老け顔を撃退!老け顔対策 小顔ハリ美肌コース体験1回3000円(税込)気になる老け顔を撃退!老け顔対策 小顔ハリ美肌コース体験1回3000円(税込)