老け顔・老けボディから脱却したい!
悩める大人女子のための情報サイト

老け顔が加速!?若返りたいなら気をつけた方がいい食べ物
2016.02.29  更新:17.01.31

年齢を聞かれるのちょっと待ってる自分がいたりして(ハリ)(潤い)(透明感)光フェイシャル体験1回1,000円 体験はこちら→
食事制限が効いたのは20代まで!太もも・ヒップ 30代からの減量セレブレディコース 体験1回1000円

目次

若返り対策、していますか?

若返りたい…

「ああ若返りたい…10歳くらい若返れたらいいのに!」

30代を過ぎた女性なら、鏡を見てそう思ったことが一度はあるのではないでしょうか?
永遠の若さ、永遠の美しさは、いつの時代も女性たちの夢なのです。

若返りたいならNGなこと、意識してる?

若返りたいと思って、色々な対策をしている女性は多いはず。スキンケアにヘアケア、メイクにファッション。定期的に運動をしているという意識の高い方もいるかもしれません。

でも、若返りたいならNGなことまで意識できていますか?
編集部の周りにいた女性陣に少し聞いてみました。

若返りたいからこんなことに気をつけてます

「年齢とともに太りやすくなってきたから食べ過ぎないようにしている」
「シワになるからしかめっ面をしないように気をつけている」
「紫外線をできるだけ浴びないようにしている」

大人の美活編集部、それなりに老け顔対策をしているようです。

でも、若返りたいなら他にも注意すべきことがあるのでは?今回は、美容ライターの柏木さんに、若返りたいなら気をつけるべきことを食べ物の視点から解説してもらいました!

大好きなアレがあなたを老けさせる…?

今日の食事が未来の美肌に。老け顔予防には食べ物も大切!

忙しくて生活が不規則になっているときなど、肌が荒れたり、くすんだりして、あわてたことはありませんか?内臓の調子やホルモンバランスなど、体内環境が肌に与える影響は大。食生活の乱れや睡眠不足、ストレスなどで体内環境が乱れると、肌にも悪影響が及んでしまい、一気に老け顔が進んでしまった!なんてことも。

特に、若返りを目指すなら、毎日の食事はとっても大切!さまざまな食材をバランスよく摂ることは、美肌と健康を保つための基本ですが、中には摂りすぎると老け顔を進行させてしまう、肌によくない食べ物もあるので注意が必要です。

いくら外側からスキンケアをがんばっても、中からのケアを怠っていては、老け顔が加速してしまうかも。さあ、要注意の食べ物を今すぐチェック!

脂分・糖分・塩分の摂りすぎと老け顔の関係とは?

■脂肪の摂り過ぎが老け顔の原因に?
若返りを目指すために、まず気をつけたいのが、脂肪分の多い食べ物。適量の脂分は身体のために必要ですが、摂りすぎると「酸化」の原因に。酸化とは、体内に「活性酸素」が発生し、細胞を傷つけ、老化させていくこと。肌も老化が加速して、シミやシワの目立つ老け顔をつくることに!

■糖分の摂り過ぎも老け顔をつくる?
また、糖分の摂りすぎは、老け顔を加速させる「糖化」の原因となるので注意が必要。糖化とは、余分な糖分と体内のたんぱく質が結びついて老化物質を生み出し、蓄積してしまうこと。この老化物質が、肌のコラーゲンなどを硬くしてハリを失わせたり、黄ばみやくすみを引き起こし、老け顔を進行させます。さらに、糖尿病など深刻な病気にもつながると言われているんです!

■塩分の摂りすぎによる悪影響も!
脂肪や糖分だけでなく、塩分の摂りすぎも老け顔の原因になってしまいます。塩分の摂りすぎで高血圧になったり、むくみの原因となったりするということは、知っている人も多いはず。塩分の摂りすぎによる悪影響はそれだけではありません。

塩分の過剰摂取によって内臓に負担がかかると、肌にも悪影響が。また、塩分を摂りすぎるとのどが乾くように、体内が水分不足になってしまいます。

水分不足はシワやくすみ、乾燥の原因になるので、どんどん老け顔が進行してしまうかも!塩気のあるものが好きな人は、老け顔予防のためにも健康のためにも、塩分を摂りすぎないように注意しましょう。

ちなみに、1日の塩分の摂取目安量は6~7gほど。チーズやハムのように思わぬ食品から塩分を摂りすぎるということも多いので、要注意です。

メニュー選びで加速する老け顔にSTOP!

■ジャンクフードをやめて老け顔予防!
「酸化」を防ぐためには、脂肪分を多く含む揚げ物やスナック菓子、ファーストフードなどを控えることが先決です。また、活性酸素を除去してくれる「抗酸化作用」を持つ食べ物を摂ることも有効。

メニューを選ぶときは揚げ物の代わりに、β-カロテン豊富なニンジンやカボチャ、ビタミンC豊富なピーマンやブロッコリーなどの緑黄色野菜をたっぷり食べるようにすると、老け顔だけでなくボディラインの若返りにも効果があるかも!

■老け顔予防にも効く糖質制限
一方、「糖化」の原因となる糖質は、すなわち炭水化物。精製された白砂糖や白米、パンなどに多く含まれています。でも、スイーツやジュースを少し減らすことはできるけど、ご飯やパンなどの主食はいくら老け顔予防とは言ってもガマンできない!という方も多いのでは?そういう方は、白米より玄米、菓子パンよりふすまパン、うどんよりそばなど、少し工夫して食事を選ぶことで、糖化のリスクを抑えることができますよ。

毎日の食事を見直して、身体の中から老け顔を撃退!若返りを叶えましょう!

若返りの大敵、活性酸素を発生させる食べ物とは?

若返りたいなら我慢も必要

なるほど…若返りたいならNGな食べ物は、私たちが大好きなものばかり…。
サクサクの揚げ物も甘いデザートも、我慢し続けるのは少しツライものですよね。若返りを取るか、グルメを取るか、ということになってしまうのでしょうか…。さらに詳しく調べてみました。

若返りたいなら活性酸素に要注意!

柏木さんの解説によると、若返りたいなら活性酸素に注意すべきとのことでした。この活性酸素というものは、体内の脂質と結びつくことで体を錆びつかせる作用があるそう!錆びるなんて恐ろしい!

揚げ物が食べたい…でも若返りたい…

とは言っても、油ものを完全に排除するというのは難しいもの。好きなものを我慢しすぎることは、ストレスにもつながり美容にだってよくありません。揚げ物とうまく付き合う方法はあるのでしょうか?

こんな油には注意

揚げ物の中でも特に注意すべきものは以下のようなものだそう。

・古い油を使って揚げている
・揚げてから時間が経っている
・添加物がたくさん入っている

…上記のようなものといえば、スナック菓子、ドーナツ、ファストフード、加工食品、コンビニやスーパーのお惣菜などが思い浮かびます。若返りたいなら、これらはたまに食べるだけにとどめておきましょう。

こんなものなら老け顔にも安心?

逆に、揚げ物の中でも比較的大丈夫そうなものもあります。
例えば家庭で揚げたものや、外食でもそれなりのお店の揚げ物なら、若返りたい人にも安心かもしれません。ただし、お家で揚げたものでも時間が経ってしまわないうちに食べ切ってしまうようにしましょう。

また、最近は油を使わずに揚げ物のような食感を楽しめる、電気フライヤーと呼ばれる調理器具も売っているので、試してみるのもアリですよ。

糖化を防いで若返るためには?

若返りたいなら糖化を防ぐ!

もう一つの老け顔原因となる食べ物、糖質。甘いものだけでなく、主食となるごはんやパン、パスタ、うどんなどの炭水化物までもが老け顔を作ってしまうということですから、これはなかなかつらいもの。

これら糖質が招く「糖化」という現象、よくパンに例えられています。

焼く前のパンは白くてふんわりしていますが、パンには炭水化物とタンパク質が含まれているため、焼いて熱を加えるとこんがり固くなりますよね。
肌に関しても、余分な糖質と体内のタンパク質が結びつくことで、肌がくすんだりハリがなくなって固くなってしまう、要は肌が焦げてしまうということだそうなのです!

さらに、肌だけでなく全身の老化や、生活習慣病、さらに骨粗しょう症や認知症との関わりも指摘されているとのこと。見た目の老化だけでなく、体全体の健康状態にまで影響があるのです。

これなら食べてもOK!若返りたい人の主食

とは言え、主食を抜くのは難しいもの。そこで試したいのが低GI食品と呼ばれる、血糖値の急上昇を比較的起こしにくい食べ物です。これらは糖の吸収が比較的緩やかなので、糖化の予防に効果的だそう。

例えば、白米より玄米、普通の小麦より全粒粉というように、精製される前の状態の方がGI値が低く、若返りたい人には最適だそう。

また、パンの中で比較するならば、食パンやフランスパンよりも、ベーグルやライ麦パン、全粒粉のパンを選ぶとよいでしょう。

麺類なら、うどんやそうめんよりも、そばや中華麺の方がGI値が低いので、どれか選ぶ時は参考にしてみてくださいね。

また、食事の際にまずは野菜など食物繊維をお腹に入れることで糖の吸収スピードが抑えられます。
食べる順番は、野菜→タンパク質→炭水化物という順番を意識しましょう。

若返りたい人が摂るべき栄養素とは?

若返りたいなら食べるべきものは?

若返りたいなら、糖質は最低限に抑えるべきとのことでした。野菜やタンパク質中心の食べ物を摂るようにしましょう。

若返りに必要な栄養素は、こちらでも紹介しているようにまずはタンパク質
肌も体も、髪も内臓も、全てはタンパク質から作られています。良質なタンパク質を摂ることは若々しい体を作るのには欠かせません。

具体的には、女性は1日50gのタンパク質を摂りましょう。肉や魚、乳製品や卵などの動物性タンパク質と、大豆製品などの植物性タンパク質をバランス良く摂ることが大切です。

●若返りのカギはタンパク質だった!タンパク質の力とは?
http://bikatsu.elleseine.co.jp/activity/face/0029.php

若返りのためのビタミンとは?

タンパク質の他に必要となるのが、ビタミンなどの栄養素。こちらで紹介しているのは、若返りビタミンとも呼ばれるビタミンA・C・E。抗酸化作用を持っているので、揚げ物など酸化を招く恐れのある食べ物を食べる時は、一緒に摂るようにしましょう。

●食べる老け顔対策!若返りに効く食べ物とは?
http://bikatsu.elleseine.co.jp/activity/face/0018.php

こちらで紹介しているクコの実(ゴジベリー)なんかにも、ビタミンやポリフェノールなどの若返り効果がつまっているそうなので、日々のおやつにストックしておくといいかも。

●若返りたいならクコの実(ゴジベリー)がいいって本当?
http://bikatsu.elleseine.co.jp/activity/face/0055.php

上手に食べて若返ろう!

活性酸素や糖質が老け顔を助長してしまうということで紹介してきましたが、我慢のしすぎでストレスになっては本末転倒です。若く見える人はいつでもハッピーな笑顔でいることが大原則ですからね!

ムダに食べるのは避けながらも、代わりになるものを探したりメリハリをつけて食べることで、毎日の食事を楽しみながら若返りを目指しましょう!

食べすぎはもちろんだけど、我慢のしすぎもよくないわ。何事もほどほどが大切なのよ。

執筆:美容ライター 柏木 亜衣
美容雑誌、女性誌、ウェブサイトなどの美容特集や、化粧品メーカーの広告やカタログの企画など、美容に関する情報を幅広く発信しています。
食事制限が効いたのは20代まで!太もも・ヒップ 30代からの減量セレブレディコース 体験1回1000円
※当サイトに掲載する情報やコンテンツにつきましては細心の注意を払って掲載しておりますが、情報の正確性・最新性、また有用性などについて保証をするものではありません。予めご了承ください。
トップへ戻る
このページのトップへ戻る

気になる老け顔を撃退!老け顔対策 小顔ハリ美肌コース体験1回3000円(税込)気になる老け顔を撃退!老け顔対策 小顔ハリ美肌コース体験1回3000円(税込)