老け顔・老けボディから脱却したい!
悩める大人女子のための情報サイト

これ以上老け顔を進行させない!寒い季節のたるみ対策とは?
2016.01.12

年齢を聞かれるのちょっと待ってる自分がいたりして(ハリ)(潤い)(透明感)光フェイシャル体験1回1,000円 体験はこちら→
食事制限が効いたのは20代まで!太もも・ヒップ 30代からの減量セレブレディコース 体験1回1000円

冬の「乾燥」がたるみを進行させていた!

重いまぶた、深いほうれい線、ゆるんだフェイスライン…。老け顔に見える特徴のひとつに「たるみ」があります。

たるみが起きる最大の原因は「老化」です。加齢とともに、肌の弾力を支えているコラーゲンやエラスチンが少なくなったり、劣化したりします。さらに、皮膚構造を支える筋肉が減少したりすることで、皮膚を支えきれなくなってしまうんですね。

■乾燥もたるみの原因?
このたるみの進行に拍車をかける要因のひとつが「紫外線」。紫外線はコラーゲンやエラスチンを作る細胞にダメージを与え、その生産量を減らしてしまいます。そして、冬にはもうひとつキケンな要因が。実は、冬の「乾燥」も、たるみを進行させて老け顔を作っていたんです!!

これ以上老け顔を進行させない!寒い季節のたるみ対策とは?

冬の「乾燥」でたるみが進行するメカニズム

肌が乾燥すると、カサつきや小ジワができることは想像がつきますが、たるみにまでつながるとは意外に思う人が多いのではないでしょうか?

空気の乾燥により、肌表面の角質層の水分が奪われると、肌を守るためのバリア機能が保てなくなってしまいます。肌内部の水分まで蒸発し、乾燥が進むと、コラーゲンやエラスチンを作る細胞の活動も鈍くなります。その結果、肌の弾力が失われ、たるみが進行してしまうというわけです。

■この寒さまでもが、たるみの原因に!?
さらに、冬の「寒さ」が、老け顔の元となるたるみにつながることも。冷えや運動不足で血行が悪くなると、排出されるべき水分や老廃物が溜まり、むくみが生じます。このむくみで皮膚が伸びたり、排出されるべき老廃物が蓄積することで、たるみを助長してしまうんです。また、「冬太り」もキケン!運動不足や代謝の低下でついた余分な脂肪が重力で下垂するとこれもたるみとなり、老け顔を助長してしまいます。

乾燥と寒さ対策がカギ!冬のたるみ予防法

■保湿は絶対!
たるみによる老け顔の進行を防ぐために欠かせないのが保湿ケア。洗顔後は、まず化粧水をたっぷり使ってうるおい補給を。洗顔後の素肌を放っておくとどんどん乾燥してしまうので、すぐケアすること!皮脂の分泌量が減る冬は、油分を補ってあげることもポイント。乳液やクリームで、与えたうるおいをしっかり閉じ込めましょう。

■寒さ対策も老け顔予防のひとつ
寒さ対策も忘れずに。寒い日は、機能性インナーやカイロを使って体を冷やさないようにし、バスタイムには湯船に浸かって体全体を温めましょう。冷えによる血行不良は、美容にも健康にもいいことナシ!運動やマッサージで血行を促して。

■炭酸水で簡単血行促進
炭酸水は血管を拡張させるので、血行促進に効果的。その効果をよりアップさせたいなら、バスタイムに取り入れるのがおすすめ。入浴前と後にコップ1杯程度の炭酸水を飲むと、入浴による血行促進効果との相乗効果が期待できるそう!

冬太りしやすい人は、食事制限や運動など、取り入れやすいことから始めてみては。ただし、急激なダイエットは、老け顔を余計進行させてしまうことも。無理のない対策で、この冬も老け顔とは無縁の若々しくキレイな肌でいたいですね!

たるまない女はしっとり&ぽかぽか!保湿と血行促進を心がけて!

執筆:美容ライター 柏木 亜衣
美容雑誌、女性誌、ウェブサイトなどの美容特集や、化粧品メーカーの広告やカタログの企画など、美容に関する情報を幅広く発信しています。
食事制限が効いたのは20代まで!太もも・ヒップ 30代からの減量セレブレディコース 体験1回1000円
※当サイトに掲載する情報やコンテンツにつきましては細心の注意を払って掲載しておりますが、情報の正確性・最新性、また有用性などについて保証をするものではありません。予めご了承ください。
トップへ戻る
このページのトップへ戻る

気になる老け顔を撃退!老け顔対策 小顔ハリ美肌コース体験1回3000円(税込)気になる老け顔を撃退!老け顔対策 小顔ハリ美肌コース体験1回3000円(税込)