老け顔・老けボディから脱却したい!
悩める大人女子のための情報サイト

一気に老け顔を作る、隠し切れない目元のシワ!目立たなくする方法
2015.12.15 更新:17.02.17

年齢を聞かれるのちょっと待ってる自分がいたりして(ハリ)(潤い)(透明感)光フェイシャル体験1回1,000円 体験はこちら→
食事制限が効いたのは20代まで!太もも・ヒップ 30代からの減量セレブレディコース 体験1回1000円

目元は"老け顔"の象徴、シワができやすい危険エリア!?

■しわしわ目元を見つめられると、そわそわ…
「目は口ほどに物を言う」と言われる通り、人の喜怒哀楽が最も現れやすい"目"。人と話すときなど、視線は自然と目に行きますよね。もちろん、見た目年齢においても、目元は重要。目元にシワが寄っていたり、たるんでいたりすると、とたんに"老け顔"に見られてしまうことも…。

目の下や目元はもともと皮膚が薄く、また皮脂腺が少なく乾燥しやすいため、シワができやすいエリア。さらに、間違ったスキンケア、アイメイクの落とし残し、パソコンの使いすぎなども、目の下のシワを進行させて老け顔を作る要因になるそうなんです。

目の下のシワが気になったら、まずは普段の生活を見直すことから始めてみて!

目の下のシワケアは、普段の生活習慣から

一気に老け顔を作る、隠し切れない目元のシワ!目立たなくする方法

一気に老け顔に見せてしまう目の下のシワを、作らせない、進行させないためには、目元に負担をかけないことが大切!毎日のお手入れでは、決してゴシゴシこすらないように。乾燥が気になるときは、化粧水と乳液に、保湿美容液などをプラスすると目の下のシワ改善につながります。1年を通して日焼け止めを塗り、紫外線によるダメージを防ぐこともシワ予防のための大切なポイントです。

■メイクは落としても、うるおいは落としすぎずに
老け顔予防のためにはメイクにも注意が必要。アイメイクをしっかり落とし切れないと、肌に負担をかけることに。一方、洗浄力の強すぎるメイク落としや洗顔料で洗いすぎると、肌に必要なうるおいが奪われ、乾燥が進んで逆にシワを作る原因になってしまうことも。アイメイクは、専用のメイク落としを使って丁寧に落とし、また落としたあとは保湿ケアを忘れずに行うことでシワの進行を防ぎましょう。

■目元の血行も大切
また、パソコンやスマホの使いすぎによる疲れ目も、目の下のシワの原因に。これは、目が疲れると、目元の血行が悪くなるためです。パソコンを使うときは老け顔予防のためにも、ときどき休憩したり、目を温めたりマッサージするなどケアしてあげるといいですね。

気になる目の下のシワは上手にカバーで老け顔防止!

シワ部分は凹んでいるので、メイクではなかなかうまく隠せないもの。隠そうとして厚塗りするほど、ファンデーションがシワに溜まったり、笑った瞬間にピキッとひび割れたりして、さらに目立ってしまうキケンが!

■厚塗りはシワをよけいに目立たせる!
目の下のシワをカバーするには、厚塗りはNG。目元はよく動かすエリアなので、硬く厚いメイクは崩れやすいんです。まず、ペンタイプやクリームタイプなどのやわらかいハイライトを使って、シワが気になる部分を明るく整えて。その上から、ごく少量のファンデーションやパウダーをふんわりのせると、目の下のシワが目立ちにくくなります。

目の下のシワが目立たなくなったら、見た目年齢マイナス5歳も夢じゃないかも。シワの進行を防ぎつつ、気になるところは上手にカバーして、"老け顔"にサヨナラしましょう!

目元を大きく見せることばかりに気を取られちゃダメっ!ふっくら目元で、年齢不詳を目指すのよ!

執筆:美容ライター 柏木 亜衣
美容雑誌、女性誌、ウェブサイトなどの美容特集や、化粧品メーカーの広告やカタログの企画など、美容に関する情報を幅広く発信しています。
気になる老け顔を撃退!老け顔対策 小顔ハリ美肌コース体験1回3000円(税込)
※当サイトに掲載する情報やコンテンツにつきましては細心の注意を払って掲載しておりますが、情報の正確性・最新性、また有用性などについて保証をするものではありません。予めご了承ください。
トップへ戻る
このページのトップへ戻る

気になる老け顔を撃退!老け顔対策 小顔ハリ美肌コース体験1回3000円(税込)気になる老け顔を撃退!老け顔対策 小顔ハリ美肌コース体験1回3000円(税込)