老け顔・老けボディから脱却したい!
悩める大人女子のための情報サイト

一気に老けて見える、老け顔の代表格!シワの種類と原因
2015.12.15 更新:17.02.17

年齢を聞かれるのちょっと待ってる自分がいたりして(ハリ)(潤い)(透明感)光フェイシャル体験1回1,000円 体験はこちら→
食事制限が効いたのは20代まで!太もも・ヒップ 30代からの減量セレブレディコース 体験1回1000円

シワが老け顔を決めるカギだった!

■「あれ?ちょっと…前より老けたな…」
久しぶりに会った友人が急にオバサン化したようでドキッ!…そんな経験、ありませんか?服装や髪形、立ちふるまいなど、人の見た目年齢を左右する要素はたくさんあるけれど、中でも気になるのが"肌"。肌に目立つシワやシミ、たるみなどのトラブルがあると、見た目年齢がぐんとUPし、一気に老け顔に見えてしまいますよね。

■老け顔の代表格、シワ
特にシワは、顔を老けて見せるだけでなく、くたびれた印象に見せたり、表情を険しく見せてしまうことも。また、シワ部分は凹んでいるので、メイクで簡単にカバーできないのが悩ましいところ。シワを隠そうとして厚塗りすると、ファンデーションがシワに溜まったりして、さらに目立って老け顔を作っちゃうんですよね…。

シワの原因はさまざまですが、放っておくと加齢と共に進行して、深く刻まれてしまうことも。老け顔に見られないために、まずは自分のシワとシワ予備軍をチェックしてみて!

ケアで何とかしたい!表皮性ジワと表情ジワ

一気に老けて見える、老け顔の代表格!シワの種類と原因

■老け顔印象を作るシワ(1)水分が足りていない!表皮性ジワ
上下のまぶたや目尻などに、浅く細かいシワはありませんか?このようなシワは「表皮性ジワ(ちりめんジワ、乾燥ジワ)」と呼ばれています。肌は複数の層が重なって構成されていますが、一番外側の「表皮層」の中でももっとも外側にあたる「角質層」にできます。原因は、角質層の水分不足や、加齢による水分保持機能の低下など。シワ顔予防のためには保湿ケアは欠かせませんね!

■老け顔印象を作るシワ(2)ハリがないからクセがつく!表情ジワ
次に、鏡に向かって顔をしかめたり、大きな口を開けたり、表情を動かしてみて。表情を動かしたときにできるシワが、表情を戻した後まで残っていませんか?そのシワは「表情ジワ」。表情筋の収縮によってできるシワで、本来なら収縮が戻れば消えるはずなのですが、肌が乾燥していたり、加齢によりハリが衰えていたりすると、同じ表情を何度もくり返すうちにシワがクセになってしまうんです。放っておくと老け顔の原因、深い「真皮性ジワ」になってしまうので要注意!いつも怒ってばかりいる人は、気をつけたほうがいいかも…。

できる前に対策を!真皮性ジワとたるみジワ

■老け顔印象を作るシワ(3)コラーゲンの劣化!真皮性ジワ
額や目尻などに深く刻まれたシワが気になっているなら、それは「真皮性ジワ」かも。原因は、肌深く表皮層の下にある真皮層の衰えです。真皮層で、肌のハリを支えているコラーゲンなどが、加齢や紫外線の影響で劣化したり、少なくなったりすると、肌がV字型に陥没してシワになってしまいます。真皮性ジワによる老け顔予防のためには保湿ケアだけでなく、紫外線ケアも大事!!

■老け顔印象を作るシワ(4)重力に負けている!たるみジワ
深いシワの中でも、老け顔を作る代表格である口元のほうれい線や、目の下からナナメに伸びるゴルゴラインなどは、「たるみジワ」と呼ばれています。これも、「真皮性ジワ」同様、肌組織の老化が原因。真皮層のさらに下にある脂肪層で、脂肪やそれを固定している繊維が衰えると、重力に負けて脂肪が下がってくるので、シワや段差が目立つようになるんです。

それぞれのシワの原因がわかれば、対策も立てやすいはず。「気づいたら、くっきり深いシワのある老け顔に!」なんてあわてることのないよう、シワ対策は抜かりなく!

一言でシワと言っても種類は様々。それぞれの原因にあわせた対策が必要よ!

執筆:美容ライター 柏木 亜衣
美容雑誌、女性誌、ウェブサイトなどの美容特集や、化粧品メーカーの広告やカタログの企画など、美容に関する情報を幅広く発信しています。
食事制限が効いたのは20代まで!太もも・ヒップ 30代からの減量セレブレディコース 体験1回1000円
※当サイトに掲載する情報やコンテンツにつきましては細心の注意を払って掲載しておりますが、情報の正確性・最新性、また有用性などについて保証をするものではありません。予めご了承ください。
トップへ戻る
このページのトップへ戻る

気になる老け顔を撃退!老け顔対策 小顔ハリ美肌コース体験1回3000円(税込)気になる老け顔を撃退!老け顔対策 小顔ハリ美肌コース体験1回3000円(税込)