老け顔・老けボディから脱却したい!
悩める大人女子のための情報サイト

なぜ太ももは痩せにくいの?太ももが痩せない理由を解説
2018.02.06

年齢を聞かれるのちょっと待ってる自分がいたりして(ハリ)(潤い)(透明感)光フェイシャル体験1回1,000円 体験はこちら→

目次

太ももが太くなる原因とは?

ショッピング中にパッと目に入ってきたオシャレなパンツ。履いてみたい!と思って試着してみたら、ウエストは入るのに太ももが予想以上にきつくて、思っていたイメージと違う…。そんな経験ありませんか?お気に入りのファッションを着こなすためにも、太ももは細くしたいですよね。

太もも痩せにチャレンジする前に、まずなぜ太ももは痩せにくいのか?太くなる原因について考えていきましょう。

そもそも、痩せている人であっても、太ももはその名の通り、足の中でも太い部位ですよね。これは、私たち人間が二足歩行であるということが関わっています。4本足で全体重を支える動物と違い、2本足で全体重を支えるため解剖学的の観点からも足の筋肉は強くある必要があるのです。

しかし、美容の観点から問題なのは、そんな太ももに対し、必要以上に脂肪がついていたり、太く見えてしまうことですよね。太ももが太くなってしまう理由には次のような原因が考えられます。

※太ももは医学的に大腿部と表現する部分ですが、ここでは一般的に使用されている「太もも」という言葉で統一します。

足がむくんで、太くなる
人間の身体はリンパ液と血液が巡っていますが、長さも重量もある足は、どうしてもその巡りが悪くなってしまいます。通常はふくらはぎの筋肉が、ポンプの役割を果たしてくれますが、車の移動が多かったり、立ち仕事が続くような生活環境ではポンプの役割がうまく機能しません。そうすることで、さらに血液やリンパ液の巡りは悪くなるので、足がむくみやすくなり、太ももは太くなってしまいます。

太ももは脂肪がつきやすい
太ももは脂肪がつきやすい部位であることも太くなる原因の1つです。
特に一度セルライトができると、ダイエットをしてもなかなか落ちづらくなってしまします。

セルライトとは、簡単にいうと「脂肪の塊」のことで、蓄積された皮下脂肪が肥大化されたもののこと指します。またセルライトは、お尻、太もも、お腹にできやすく、皮膚がボコボコとした見た目になるため、女性にとってはできてほしくないものの1つですよね。

セルライトは脂肪の塊なため、ダイエットやスポーツを通し脂肪燃焼することで、ある程度は目立たなくすることが可能です。しかし、女性はその性質上、皮下脂肪がつきやすいという点と、そもそも足は血行が悪いといった脂肪燃焼しづらいという要因があることから、一度セルライトができるとなかなか改善されないのです。

その他、立ち方や姿勢のバランスが悪い人も太ももが太くなりがちです。姿勢が悪いと直立の姿勢を保つため、必要以上に筋肉を使ったり、血液やリンパ液の流れが悪くなってむくんだりといったことが起こります。

このように、太ももが太くなる原因は生活の身近なところに存在しているのです。

ダイエットをしても、太ももや下半身が痩せにくい理由とは?

「太ももをもう少しすっきりさせたい!」とダイエットに取り組んで、食事や運動を気にしても、太ももや下半身はなかなか痩せにくいですよね。

なぜ、ダイエットをしても太ももや下半身が痩せにくいのでしょうか?太くなる理由を知って太ももが太らない対策をしていきましょう。

皮下脂肪は落ちにくい
前項にも触れましたが、太ももが太くなるのには人によっていくつかの原因が考えられます。中でも、多くの女性が悩んでいるのが、脂肪によるもので、セルライトなどの影響で肌もボコボコになりがちです。

これらは、「皮下脂肪」といって、長年の脂肪によって蓄積されたもので、男性よりも女性につきやすく、また一度できると落ちにくいという特徴を持っています。そのため、ダイエットで体重を落としても、それは「内臓脂肪」が優先的に使われて「皮下脂肪」はあまり落ちていないという可能性があります。

太もも痩せを目指すためには、長期的なダイエットが大切というわけです。

むくみやすい生活習慣
太ももが「むくみ」によって太い場合は、生活習慣を改善しない限り、太ももが細くなることはありません。

立ち仕事はもちろん、デスクワークが多いという人も、同じ体勢をとる時間が長くなると、血液やリンパ液の流れが悪くなるので、むくみやすくなります。さらに、自動車や交通の便がよくなったことから、多くの日本人の歩く距離は年々減少傾向にあると言われています。このような日常生活の影響で、血液やリンパ液の流れをよくするためのポンプであるふくらはぎの筋肉が動かなくなり、むくみが改善されないのです。

さらに、現代人の食生活もむくみの原因が多く潜んでいます。例えば、塩分の摂りすぎや、不規則で偏った食事などは、足に限らず全身がむくみやすくなってしまいます。

太もも痩せをするために必要なことは?

太ももは短期的なダイエットでは、なかなか落とすことが難しいということをご紹介しました。本格的に太もも痩せを目指すためには、むくみをなくし、代謝をアップするためにも血行を良くし、長期的に脂肪燃焼と食事制限を行っていく必要があります。

長期的なダイエットを成功させるために、普段の生活の中で、意識してほしい3つのポイントをご紹介します。

カロリーのバランスを整える
1日で消費するカロリーよりも摂取するカロリーが増えると、その余剰カロリーをため込む形で脂肪が増えます。長期的なダイエットのためにも、まずは自分の生活習慣を見直し、カロリーのバランスを整えることを意識しましょう。

毎回食事のカロリーを記録することから始めてみてもいいかもしれません。太ももはもちろん、全体に余計な脂肪をつけないことが大切です。

足を使うエクササイズやトレーニングを取り入れよう
毎日の忙しい生活で運動を習慣づけることは簡単なことではありません。しかし、足を使うエクササイズやちょっとしたトレーニングを、生活リズムに取り入れていくことは太もも痩せにとってとても大切です。また、意識が高まればそれだけ食事の内容や量にも注意が及びますので、さらなる効果も期待できます。

たくさん歩くことから始めよう
前述のとおり、太ももの皮下脂肪を落とすには長期的なアプローチが大切になります。まずは普段の生活で「歩くこと」を増やすことから始めてみましょう。

最初は普通のスピードで、慣れてくれば少し早足で歩く。そして体重が減ってきたり、体力がついてきたら、軽いジョギングへ段階的に進めていくのが良いでしょう。太もも痩せに大切なことは続けることです。激しい運動ですぐに辞めてしまうよりは、毎日取り入れられる運動を増やすことの方が大切です。

理想の自分の姿を思い描きながら、まず一歩を踏み出す。その時点からあなたのサクセスストーリーは始まっているのです。がんばってください!

皮下脂肪は一番最後に落ちるもの!太もも痩せは毎日の努力が大切よ!

執筆者:起業家医師 狭間 研至
大阪大学医学部卒。ファルメディコ株式会社代表取締役。医療法人嘉健会思温病院理事長。患者さんに身近に接してきた体験から、医学的な情報を分かりやすく説明することを心がけています。
エステ体験70分<全身リンパ・代謝アップ・強力ハンドテク>目指せ!合計-8cmやせる体験1回500円(税込)
※当サイトに掲載する情報やコンテンツにつきましては細心の注意を払って掲載しておりますが、情報の正確性・最新性、また有用性などについて保証をするものではありません。予めご了承ください。
トップへ戻る
このページのトップへ戻る

あなたにオススメのコースは!?Yes or Noで今すぐ診断!あなたにオススメのコースは!?Yes or Noで今すぐ診断!